• TOP
  • リドカインはペニスを麻痺させる?効果や種類、使用方法などを解説
  • リドカインはペニスを麻痺させる?効果や種類、使用方法などを解説

    リドカインとは

    リドカインとは「麻酔作用がある成分」のことです。
    早漏防止薬だけではなく、医療現場や市販薬(かゆみ止め、痛み止め等)で使用されています。

    この記事では副作用や注意点など、リドカインの情報を一通り解説しています。
    リドカインが含まれている早漏防止薬の使用を考えている方は、しっかりと読んでおきましょう。

    リドカインは安全性が高い

    早漏防止薬に含まれている成分「リドカイン」は、以下のような医療現場で使用されているため「安全性は高い」と言えます。

    ■医療現場(※局所麻酔薬として使用)
    ・抜歯をする時
    ・胃カメラの検査をする時
    ・イボやホクロ、しこりを除去する時

    ※局所麻酔薬:特定の部分だけ痛みを感じさせない薬

    また安全性が高いことから、ドラッグストアで販売されている市販薬にも使用されています。

    ■市販薬の商品名
    ・ウナコーワα(虫刺され、かゆみ)
    ・ボラギノール(痔の痛み、かゆみ)
    ・メンソレータム(乾燥が原因のかゆみ)

    上記のことから、リドカインは危険な成分ではありません。
    早漏に悩んでいる方は、リドカイン入りの早漏防止薬を試してみてはいかがでしょうか。

    リドカインの効果

    リドカインには早漏防止効果があります。
    使用することでペニスの感覚をマヒさせて、脳に伝わる刺激を半減させるためです。

    通常なら人間は、以下のようなメカニズムで射精をします。

    ■射精をするメカニズム
    性的刺激を受ける

    性的刺激が脳に伝わる

    ※交感神経が活発になり興奮状態になる

    射精する

    ※交感神経とは?
    緊張やストレスを感じると活動する神経
    交感神経の活動がピークになると射精する

    つまり脳に伝わる刺激を半減させれば、交感神経の活動が抑制され射精しにくくなります。

    脳に伝わる刺激を半減させるには、ペニスの感覚をマヒさせるしかありません。
    ペニスの感覚をマヒさせるには、医療現場で局所麻酔薬として使用されているリドカインが最適です。

    ペニスの感覚をマヒさせるといっても、快感はしっかり得られますし、射精も問題なくできるのでご安心ください。

    過敏性早漏に効果的!

    リドカインは脳に伝わる刺激を半減させるため、「※過敏性早漏」に有効です。

    ※過敏性早漏とは?
    刺激に敏感すぎて、通常なら射精しない性的刺激でも射精してしまう
    亀頭が刺激に慣れていない、セックス経験が少ない10代~20代に多い

    過敏性早漏を数字で例えると、「1の性的刺激」なのに「10の性的刺激」に感じてしまうイメージです。
    リドカインを使用することで、「10の性的刺激」が「1以下の性的刺激」に半減するため早漏を防止できます。

    リドカインの臨床試験

    海外の臨床試験結果から「リドカインには麻酔(早漏防止)効果がある」と判明しています。

    ■臨床試験の内容
    ・被験者:神経が原因で痛みを感じている男女71名
    ・条件:痛みを0~10でスコア付け
    ・内容:リドカインを注入して痛みが減少するか

    ■臨床試験の結果
    ・注入する前:6.25
    ・リドカイン3µg/ml:4.92(-1.33)
    ・リドカイン5µg/ml:4.18(-2.07)

    ※µg/ml:1mlに対するリドカインの濃度を示す割合

    上記からわかるように、リドカインを注入することでスコアが減少しています。
    成分量が増えるとスコアが減少しているので、成分量が増えれば増えるほど麻酔効果は強くなります。

    痛みが減少するのは、感覚が鈍くなる(マヒする)からです。
    リドカインを使用すれば、ペニスがマヒして感覚が鈍くなり、脳に伝わる刺激が半減します。
    したがって「リドカインの早漏防止効果は高い」と言えます。

    リドカインの種類

    リドカインには3つの種類があります。
    1、塗るタイプ
    2、スプレータイプ
    3、コンドームタイプ

    特徴がそれぞれ異なるので、一つずつ解説していきます。

    塗るタイプ

    軟膏タイプのリドカインは、「塗りやすさ」に優れています。
    性感帯にピンポイントで塗れる上に、裏筋など見えない部分でも簡単に塗れます。

    セックスの目的によって、使用量を調整できることも特徴の一つです。
    ・厚めに塗る:射精するまでの時間を伸ばしたい
    ・薄めに塗る:快感を重視したい

    素手で塗ると指までマヒするので、いずれかの方法で塗りましょう。
    ・素手で塗ってすぐに手を洗う
    ・綿棒を使って塗る
    ・ゴム手袋を装着して塗る

    塗るのが面倒な方は、次で解説するスプレータイプがオススメです。

    スプレータイプ

    スプレータイプのリドカインは、以下の理由から「利便性」に優れています。
    ・手が汚れない
    ・塗るタイプより楽に使用できる

    1回に噴霧される量が同じなので、自分に合った噴霧量を探しましょう。
    ・亀頭に2回、裏筋に1回
    ・竿の部分も付けた方がよい
    ・亀頭だけで充分

    上記をしっかり把握できれば、セックスをより楽しめます。

    注意点が一つあります。
    スプレータイプを使用する時は、丁寧に噴霧しましょう。
    雑に噴霧すると、ペニス以外の部分に付着しマヒすることがあります。

    コンドームタイプ

    コンドームタイプのリドカインは、「携帯性」に優れています。
    財布に入れて持ち歩けるため、外出先でセックスをすることになっても対応できます。

    コンドームタイプは軟膏やスプレーと違い、「女性にバレにくい」ことも特徴の一つです。
    使用しているコンドームのメーカーを覚えている女性は、極めて少ないので安心して使用できます。

    注意点が一つあります。
    リドカインの成分は内側に付いているため、コンドームを外したらペニスを洗い流しましょう。
    後ほどでも解説しますが、洗い流さずに放置したままだと、女性の口や膣内に付着する恐れがあります。

    リドカインの副作用

    リドカインは以下の副作用が主に報告されています。
    ・発疹
    ・痛み
    ・かゆみ
    ・しびれ
    ・かぶれ

    内服薬ではなく外用薬なので、リドカインは軽度の副作用が出る傾向にあります。

    大量に塗ると副作用は出やすくなりますが、「規定の使用量」を守れば問題ありません。
    商品によって異なるため、必ず使用量を確認してからペニスに塗りましょう。

    リドカインの使用方法

    リドカインの使用方法は、タイプによって異なります。
    非常に簡単ですが、しっかりと確認しておきましょう。

    注意点が一つあります。
    すべてのタイプに共通して言えることですが、ペニスに傷がある時は使用を控えましょう。
    傷口があると、リドカインの吸収量が通常より多くなるかもしれません。

    塗るタイプ

    塗るタイプの使用方法は、以下の5工程です。

    1、手を洗う
    汚い手で塗るのは衛生上よくないため

    2、ペニスに塗り込む
    使用量が多いと感度が下がりすぎるため注意

    3、手を洗う
    すぐに手を洗わないと指までマヒするため

    4、20分~30分ほど放置する
    リドカインが吸収されるまでの時間

    5、シャワーで洗い流す
    膣内の付着を防ぐため

    手洗いの工程を省きたい方は、「綿棒で塗る」か「ゴム手袋を装着して塗る」ようにしましょう。

    スプレータイプ

    スプレータイプの使用方法は、以下の3工程です。

    1、ペニスに噴霧する
    亀頭と裏筋を中心に1回~5回ほど噴霧する

    2、20分~30分ほど放置する
    リドカインが吸収されるまでの時間

    3、シャワーで洗い流す
    膣内の付着を防ぐため

    スプレータイプを使用する際は、以下を意識して噴霧しましょう。
    ・一部分に多く付けたい時:距離を近づけて噴霧
    ・まんべんなく付けたい時:距離を離して噴霧

    スプレータイプは手を洗う工程が省けるため、「塗るタイプが面倒」と感じた方にオススメです。

    コンドームタイプ

    コンドームタイプは「ペニスに装着する」だけなので、使用方法が最も簡単です。
    通常のコンドームよりゴムが厚く、「リドカイン+ゴムの厚さ」で早漏防止効果は高いと言えます。
    挿入時間だけで考えるなら、コンドームタイプが一番長いかもしれません。

    注意点が一つあります。
    当たり前ですが、コンドームを装着しないと効果が得られません。
    前戯だけで射精してしまう方は、「塗るタイプ」か「スプレータイプ」の併用をオススメします。

    洗い流すことの徹底!

    リドカインをペニスに塗ったら、必ずシャワーで洗い流しましょう。
    洗い流さずに挿入すると、膣内に付着し女性が不感症になってしまいます。

    リドカインの使用目的は、「女性に満足してもらうため(射精するまでの時間を長くするため)」ですよね?
    女性が不感症になるのは本末転倒なので、洗い流すことを徹底しましょう。

    ※オーラルセックスをする予定がある方は、念入りに洗い流すことをオススメします。
    リドカインは非常に苦いので、女性が不快な思いをするかもしれません。

    ※舌や口を使用して行うセックス

    リドカインの注意点

    リドカインの注意点は3つあります。
    1、併用禁忌
    2、併用注意
    3、リドカインを使用できない人

    注意点自体は多くありませんが、リドカインの使用を考えている方はしっかりと理解しておきましょう。

    併用禁忌

    併用禁忌とは「リドカインと併用してはいけない薬」のことです。
    リドカインの併用禁忌は報告されていないため、持薬や持病がある方でも使用できます。

    ごくまれにリドカインで、アレルギー反応が出ることもあります。
    少しでも異変を感じた場合は、すぐに洗い流して使用を控えましょう。

    併用注意

    併用注意とは「リドカインと併用する際に注意が必要な薬」のことです。
    リドカインの併用注意は、以下のようなものがあります。
    ・硝酸薬
    ・サルファ剤
    ・抗不整脈薬(クラスI、クラスⅢ)
    ・麻酔薬(エステル型、アミド型)

    リドカインは局所麻酔薬であり、抗不整脈薬でもあります。
    上記の薬を服用している方は、「医師」か「薬剤師」に相談した上でリドカインを使用しましょう。

    リドカインを使用できない人

    以下に対し過敏症の既往歴がある方は、リドカインを使用できません。
    ・リドカインの成分
    ・アミド型局所麻酔薬

    過敏症の症状としては、「じんましん」や「むくみ」などが挙げられます。
    過敏症が出ているにもかかわらず、リドカインを使用するのは非常に危険です。

    麻酔の使用経験がない方は、必ずパッチテストを行いましょう。
    パッチテストを行い異変があった場合は、リドカインを使用してはいけません。

    リドカイン製品一覧!

    リドカインが含まれているオススメの商品は3つあります。
    1、キシロカイン
    2、リドスプレー
    3、早漏防止コンドーム

    特徴や価格について、一つずつ簡単に解説していきます。

    キシロカイン

    キシロカインには、以下のような特徴があります。
    ・タイプ:軟膏
    ・メーカー:ネオンラボ社
    ・価格:1,080円~1,350円
    ・取扱サイト:お薬なび、ベストケンコー

    以下に当てはまる方は、キシロカインがオススメです。
    ・使用量を調整したい
    ・自分の手で直接塗りたい

    価格が低く購入しやすいのは、ありがたいですね。
    早漏防止薬を試しに使用してみたい方は、キシロカインを購入してみてはいかがでしょうか。

    リドスプレー

    リドスプレーには、以下のような特徴があります。
    ・タイプ:スプレー
    ・メーカー:Walter Ritter社
    ・価格:1,912円~2,250円
    ・取扱サイト:お薬なび、ライフパートナー

    価格は少し高めですが、リドスプレーにはリドカインが10%も含まれています。
    キシロカインは2%しか含まれていないため、リドスプレーの価格が高いのもうなづけますね。

    手を汚さずに塗りたい方は、リドスプレーを購入しましょう。

    早漏防止コンドーム

    早漏防止コンドームには、以下のような特徴があります。
    ・タイプ:コンドーム
    ・メーカー:ジェイケーアンセル社
    ・価格:101円~137円(1個あたり)
    ・取扱サイト:お薬なび、ベストケンコー、ライフパートナー

    国内で有名なコンドーム「サガミオリジナル」は、1個100円~110円で販売されています。
    1個あたりの価格がほぼ同じなので、金銭的な負担は変わりません。

    コンドームを変えるだけで早漏防止効果が得られるので、女性にバレたくない方は早漏防止コンドームがオススメです。