• TOP
  • リドスプレーは手軽に使えてオススメ!効果や特徴、注意点などを紹介
  • リドスプレーは手軽に使えてオススメ!効果や特徴、注意点などを紹介

    リドスプレーとは

    リドスプレーとは「リドカイン」が主成分のジェネリック医薬品です。
    ペニスに噴霧することで早漏防止効果が得られ、射精するまでの時間が伸びます。

    良い口コミや評価が多いため、リピーターが多い傾向にあります。
    国内の通販サイトだとリドカインが含まれていない製品もあるので、必ず海外の通販サイトで購入しましょう。

    リドスプレーの効果

    リドスプレーには「早漏防止効果」があります。
    なぜなら主成分である「※リドカイン」が、ペニスを麻痺させるためです。

    ※リドカイン:医療現場で局所麻酔(部分的な麻酔)として使用される成分

    人間は以下のようなメカニズムで射精をします。

    ■射精のメカニズム
    性的刺激を受ける

    刺激が脳に伝わる

    ※交感神経が優位になる

    射精する

    ※交感神経:活動時に働く神経、優位になると射精しやすくなる

    つまり「脳に伝わる刺激の強さ」で「射精のしやすさ」が決まります。
    ・刺激が強い:射精しやすくなる
    ・刺激が弱い:射精するまでに時間がかかる

    リドスプレーをペニスに噴霧すると、脳に伝わる刺激が以下のようにカットされます。

    ■1の性的刺激を受けた場合
    噴霧前:1の刺激がそのまま脳に伝わる
    噴霧後:0.3の刺激となって脳に伝わる

    上記の数字はあくまでも例ですが、刺激がカットされるため、射精するまでの時間が2倍~4倍ほど伸びます。

    脳に伝わる刺激がカットされても、快感は充分に得られます。
    「射精するまでの時間」を伸ばしたい方は、リドスプレーを使用してみましょう。

    リドスプレーの特徴

    リドスプレーは過敏性早漏にのみ効果があります。
    有効成分である「リドカイン」は、あくまでもペニスを麻痺させる効果しかないためです。

    早漏には3タイプあり、以下のように「原因」や「有効成分」がそれぞれ異なります。

    ■過敏性早漏
    原因:性的刺激の耐性が低い、わずかな刺激で射精してしまう
    有効成分:リドカイン

    ■心因性早漏
    原因:精神的な問題が原因、脳が過度に興奮し射精してしまう
    有効成分:ダポキセチン(脳を強制的に落ち着かせる成分)

    ■衰弱性早漏
    原因:加齢が原因、筋力が低下し射精を我慢できなくなる
    有効成分:なし

    リドカインには「脳の興奮を鎮める効果」や「衰えた筋力を元に戻す効果」はありません。
    早漏タイプをしっかりと把握して、自分に合った早漏防止薬(有効成分)を使用しましょう。

    リドスプレーの副作用

    リドスプレーは以下の副作用が報告されています。
    ・かぶれ
    ・しびれ
    ・痛み
    ・発疹
    ・かゆみなど

    リドカインの外用薬は、副作用の発現頻度が低い傾向にあります。
    したがってリドスプレーの口コミやレビューを見ても、「副作用が出た」という書き込みはありませんでした。

    それでも副作用が心配な方は、パッチテストを行いましょう。
    自宅で簡単に「リドスプレーを使用できるか」が確認できます。

    ■パッチテストの方法
    1、リドスプレーを絆創膏に噴霧する
    2、腕の内側か背中に貼る
    3、※30分後と※3時間後にチェック

    ※時間の意味
    ・30分後:効きはじめる時間
    ・3時間後:効果が切れる時間

    パッチテストを行って異常があった場合は、リドスプレーの使用を控えましょう。

    リドスプレーの使い方

    リドスプレーはペニスに噴霧するだけですが、注意すべき点が2つあります。

    【1、噴霧する場所や量】
    リドスプレーの効果は強いので、以下のように少量から試しましょう。
    ・1噴霧:亀頭だけ
    ・2噴霧:亀頭、裏筋
    ・3噴霧:亀頭、裏筋、全体
    ・4噴霧:亀頭2、裏筋、全体
    ・5噴霧:亀頭2、裏筋2、全体

    上記はあくまでも例です。
    人によって性感帯は異なるので、「どこに何噴霧すれば射精するまでの時間が伸びるか」を把握しておきましょう。

    【2、噴霧後にやること】
    リドスプレーを噴霧したら、必ずシャワーで洗い流しましょう。
    洗い流さずに挿入すると膣内に成分が付着してしまい、女性がイキにくくなってしまうためです。

    リドスプレーの注意点

    リドスプレーの注意点は3つあります。
    1、併用禁忌
    2、併用注意
    3、その他の注意点

    リドスプレーの使用を考えている方は、上記の注意点をしっかりと理解しておきましょう。

    併用禁忌

    併用禁忌とは「リドスプレーと併用してはいけない薬」のことです。
    リドスプレーの併用禁忌は報告されていないので、持病や持薬がある方でも使用可能です。

    以下に該当する方は、慎重に使用しましょう。
    ・高齢者
    ・肝機能に障害がある
    ・腎機能に障害がある…など

    内服薬と比較すると、リドカインの外用薬は「危険性が低い」傾向にあります。
    したがって過剰に心配する必要はありませんが、上記に該当する方は1噴霧から始めましょう。

    併用注意

    併用注意とは「リドスプレーと併用する際に注意が必要な薬」のことです。
    リドスプレーの併用注意は、「クラスⅢ抗不整脈剤」が報告されています。
    ・アンカロン錠
    ・アンカロン注
    ・アミオダロン塩酸塩錠
    ・アミオダロン塩酸塩静注 など

    リドスプレーの有効成分であるリドカインは、局所麻酔薬でもあり抗不整脈薬でもあります。
    したがって上記の薬を服用(使用)している方は、「医師」か「薬剤師」に相談した上でリドスプレーを使用しましょう。

    その他

    リドスプレーの使用量(5噴霧まで)は必ず守りましょう。
    過剰に使用すると射精できなくなる上に、副作用が出やすくなるためです。

    リドスプレーにはリドカインが多く含まれているため、他のリドカイン製品より麻酔効果が強いと言えます。
    ・リドスプレー:10%
    ・他の製品:約2%

    少量でも充分な効果が得られるため、「過剰噴霧=メリットがない」ことを理解しておきましょう。

    リドスプレーの通販

    リドスプレーは個人輸入でのみ入手できます。
    個人輸入とは「海外通販サイトを利用して、自己消費を目的に輸入する」ことです。

    個人輸入をするには、「英語」と「輸入」に関する知識が必要です。
    知識だけではなく、一定の金額を超えると「関税」や「税関手数料」もかかります。

    知識が必要な上にムダな費用までかかると、個人輸入はしたくありませんよね。
    少しでも安く簡単に個人輸入をしたい方は、「お薬なび」を利用しましょう。
    お薬なびとは個人輸入を代わりに行ってくれるサイトで、リドスプレーの利用者はお薬なびで購入している傾向にあります。

    お薬なびだとリドスプレーは、以下の価格で販売されています。
    ・1本:2,250円
    ・3本:6,080円(2,026円/1本)
    ・5本:9,560円(1,912円/1本)

    1本あたりの価格が高い理由は、成分含有量が多いためです。
    他の早漏防止薬は2%~4.5%ですが、リドスプレーには10%も含まれています。

    早漏防止効果が非常に強いので、過敏性早漏で悩んでいる方はリドスプレーを使用してみましょう。

    国内通販に注意!

    リドスプレーを購入する際は、必ず個人輸入をしましょう。
    国内で販売されているリドスプレーには、リドカインが含まれていないためです。

    上記の事実を知らずに、Amazonなどでリドスプレーを購入してしまう方が多い傾向にあります。
    そのため以下のような悪いレビューが目立っていました。
    ・全然効きませんでした
    ・まったく効果なしです
    ・何の変化もなかった

    「効果がある」というレビューもありましたが、恐らく「※プラシーボ効果」か「サクラ」かなと。
    プラシーボ効果とは薬の成分が含まれていないのに、思い込みで薬の効果を得られることです。

    上記のことからリドスプレーを購入する際は、国内通販サイトではなく必ず個人輸入(海外通販サイト)で購入しましょう。