ED治療薬のレビトラを通販で購入する方法や、価格、効果、ジェネリック等の情報を徹底調査

サイトマップ
レビトラ総合ランキング

レビトラとは

まとめ
  • レビトラは独バイエル社が開発したED治療薬
  • レビトラはバイアグラ、シアリスよりも即効性が高い
  • バイアグラ、シアリスと同様、服用しても性的刺激がなければ勃起しない

レビトラはドイツのバイエル薬品が、ファイザー製薬が開発したED治療薬バイアグラの次に開発に成功したED治療薬です。

日本国内では、バイアグラが発売開始となってから、3年半ほどした時期に、5mgと10mgのレビトラが発売開始となり、2007年7月には20mgも登場しています。
バルデナフィルと呼ばれる有効成分は、水に溶けやすい性質を持ち合わせています。
他のED治療薬であるバイアグラやシアリスにはない性質で、最高血中濃度に到達する時間がこれらの中では最も早く、42分~54分と即効性があります。
空腹時なら20分で効果が表れてきますが、目安としては、食前20~30分前の空腹時かつ、性行為をする1時間前に飲むのが効果的です。
空腹に耐えられない場合には、油脂類が少ないあっさり目の食事を、腹7分目ほどに抑えて食べたうえ、食後2~3時間経過してから飲むのがおすすめです。
食後直ぐの服用では、効果が現れにくくなり、効き目が遅くなったり、全く効かない場合もあるので注意しましょう。

服用方法を守れば、10mgの場合は服用後に少なくとも5時間、20mgならその倍にあたる10時間ほど作用します。
レビトラの働き方としては、血管を拡張させて血の巡りを促し、海綿体に血液を集中させる働きを強めて勃起を補助してくれます。
ただし、脳に直接作用する働きはなく、性的興奮や性欲増進作用はありません。
性的刺激を受けなければ、服用後に勃起が起こることはありませんが、いざ勃起が起きたときには、萎えるのを防ぐ働きが期待できます。

レビトラの通販はこちら

ただ、レビトラは持続性は高いものの勃起力がイマイチだという意見を耳にすることがあります。持続性はほしいけど、それに加えて高い勃起力もほしいという人にはシルビトラがおすすめです。

シルビトラは半分レビトラの成分、もう半分はバイアグラであるため、両方の良さを発揮することができます。

シルビトラの通販はこちら

レビトラを効果的に使う方法

どうせレビトラを使うのであれば、より効果的に使用したいですよね。

レビトラを使用するにあたって次の3つを守るとより効果を発揮するとされています。

まず最初は、お酒や食事を摂取しすぎないことです。先ほどレビトラは食事の影響を受けにくいとはいいましたが、レビトラの主成分であるバルデナフィルは肝臓をとおって体内に成分がおくりこまれていくため、アルコールや食事を摂取しすぎてしまうとバルデナフィルの摂取を妨げてしまい、効果を激減させてしまう恐れがあります。

ただ、先に成分を体に取り込んでおけば問題はありません。なので、食事もしっかりとりたいという人は、食前30分前に薬を服用することをおすすめします。ただ、アルコールの場合、食事とは違い、適度に飲めばリラックス効果によってより勃起力を高めることはできますが、摂取しすぎると逆に勃起力を低下させてしまうので注意が必要です。

二つ目、性行為の1時間前に服用することです。効果が出るのに個人差はありますが、おおよそ2、30分程度、早い人であれば10分程度で効果が発揮されるため、なるべく直前の服用をおすすめします。 三つ目、性的刺激を与えることです。レビトラを服用したからといって、自動的に勃起するというわけではありません。しっかり性的な刺激を与えれば、高い勃起力を発揮することができます。

レビトラの通販はこちら

レビトラと飲み合わせを注意するもの

服用している薬によっては、レビトラの成分と結合し、薬の効果がなくなってしまったり、逆に効果が出すぎてしまうなんてことも多々あり、症状が重い場合、入院まで行くケースもあります。

そのため、普段からなんらかの薬を服用している人は今自分が服用している薬が、レビトラと一緒に服用しても安全かどうかを確認しなければなりません。

主な併用禁止薬として、狭心症の治療の際に使用されるニトログリセリンがあります。

ニトログリセリンの中に含まれている硝酸剤がレビトラの成分と結びつき、血圧を異常に低下させてしまい、意識障害を引き起こしてしまうことがあります。

他にも、カンジダ菌やクラミジアなどに使われる抗菌剤や抗ウイルス剤なども併用した際、心臓系統に異常をきたすとされており、併用禁止となっています。

また、飲み合わせのほかにも、過去にレビトラを服用して、アナフィラキシーショックなどのアレルギー症状が現れた人や心筋梗塞、脳梗塞など脳や心臓系の疾患を患ったことがある人はまた症状がぶりかえしたり、悪化する恐れがあるため服用の際は必ず、かかりつけの病院へ相談しましょう。


上へ