• TOP
  • プリリジーの購入方法について|価格比較や購入のしやすさを紹介
  • プリリジーの購入方法について|価格比較や購入のしやすさを紹介

    プリリジーはどこで買える?

    早漏防止薬プリリジーは「海外通販サイト」か「クリニック」で購入できます。
    長期的な服用を考えている方は、「価格」と「購入のしやすさ」が優れている海外通販サイトを利用しましょう。
    この記事では「どちらで購入すべきか」や「どちらがお得か」を解説しているので、プリリジーを購入する際はぜひ参考にしてください。

    購入できる方法は2つ!

    プリリジーを購入する方法は2つあります。
    1、クリニック
    2、海外通販サイト

    どちらも一長一短あるので、「特徴」や「注意点」について簡単に解説していきます。

    クリニックや病院

    プリリジーは世界60カ国以上で承認されていますが、日本では承認されていません。
    大きい病院だと未承認薬のプリリジーは扱っておらず、クリニックのような小さい医療機関でのみ購入可能です。

    未承認薬は国内で製造していないため、クリニックが「※個人輸入」をしてプリリジーを仕入れています。
    仕入れたプリリジーに、手数料や診察代を上乗せして販売(処方)しています。

    ※個人輸入:海外通販サイトを利用して輸入すること

    個人輸入は誰でもできるので、自分でプリリジーを個人輸入した方がお得に購入できます。

    海外通販サイト

    プリリジーを利用している方の大半は、海外通販サイトを利用して個人輸入をしています。

    海外通販サイトで購入するには、英語でのやり取りが必須なので抵抗がある方も多いでしょう。
    ですが近年の翻訳機能は精度が非常に向上しているため、あなたが思っているより簡単に購入できます。

    個人輸入が簡単と言っても、「翻訳とか面倒なことはしたくない」と考える方も一定数いるはずです。
    そのような方は個人輸入を代行してくれる、以下のサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

    ・お薬なび
    ・ベストケンコー
    ・ライフパートナー

    国内の通販サイト(Amazonや楽天)と同じ感覚で利用できるため、誰でも簡単にプリリジーを購入できます。

    どちらがお得?

    プリリジーの購入方法を解説しましたが、「クリニック」と「海外通販サイト」はどちらがお得だと思いますか。
    結論から言うと、海外通販サイトでプリリジーを購入した方がお得です。

    ここからは「プリリジーの相場」や「プリリジー以外にかかる費用」について解説していきます。

    クリニックの場合

    クリニックで「プリリジー30mg」を処方してもらう場合、以下の費用がかかります。
    ・※1 プリリジー:約2,300円
    ・※2 診察代:約1,000円~2,000円
    ・合計:約3,300円~4,800円

    ※1 クリニック6軒分の平均価格(クリニックによって価格が変動するため)
    ※2 おおよその価格(クリニックによって診察代も変動するため)

    上記がプリリジー1錠を購入する際(セックス1回毎)にかかる費用です。

    最近では診察無料のクリニックをよく見かけますが、プリリジーの販売価格に診察代を上乗せしている傾向があります。
    したがって支払額は大して変わりません。

    通販サイトの場合

    通販サイトで「プリリジー60mg」を購入する場合、以下の費用がかかります。
    ・※1プリリジー:約2,300円
    ・※2送料:0円~1,000円
    ・合計:2,300円~3,300円

    ※1 お薬なびでの販売価格
    ※2 1万円以上購入すれば無料

    通販サイトは「60mg」で2,300円ですが、クリニックは「30mg」で2,300円と割高です。

    プリリジーの推奨量は30mgなので、通販サイトで購入する場合は半分に割る必要があります。
    半分に割ると1回の服用にかかる費用が半額(約1,150円~1,650円)になるので、クリニックよりお得にプリリジーを服用できます。

    病院を使うメリット、デメリット

    続いてクリニックを利用する「メリット」と「デメリット」について解説していきます。
    正直なことを言うと、メリットが「メリットにならない方」もいます。
    したがってメリットに魅力を感じない方は、クリニックでプリリジーを購入しない方がよいかもしれません。

    メリット

    クリニックを利用するメリットは2つあります。
    1、診察や指導がある
    2、質問や相談ができる

    医師の指導があれば、正しい服用方法などを教えてもらえます。
    併用してはいけない薬もあるため、持病や持薬がある方は医師の指導が必要です。

    また医師に質問ができるので、悩みや不安を解消しやすくなります。
    早漏はデリケートな問題なので、家族や友人に相談できない方が多い傾向にあります。
    誰かに話すだけで気持ちは楽になるので、医師に色々と相談しましょう。

    一つ注意点があります。
    医師の指導を受けても、プリリジーの効果や安全性は変わりません。
    通販で購入してもクリニックで購入しても、「早漏防止効果」や「副作用のリスク」は同じであることを理解しておきましょう。

    デメリット

    クリニックを利用するデメリットは2つあります。
    1、支払額が多い
    2、通院回数が多い

    先ほど1回の服用にかかる費用を計算しましたが、クリニックは通販サイトの3倍近い費用がかかります。
    ・クリニック:約3,300円~4,300円
    ・通販サイト:約1,150円~1,650円
    →差額:2,150円~2,650円

    支払額が多いだけではなく、通院する手間もあります。
    プリリジーがなくなる度に何度も通院するのは、非常に面倒ですよね。

    メリットよりデメリットの方が大きいので、クリニックでの購入はあまりオススメできません。

    通販を使うメリット、デメリット

    続いて通販サイトを利用する「メリット」「デメリット」を解説していきます。
    通販サイトを使うメリットは多数あるので、通販サイトの利用を考えている方はしっかり読んでおきましょう。

    メリット

    通販サイトを利用するメリットは4つあります。
    1、誰にもバレない
    2、処方せんが必要ない
    3、いつでも購入できる
    4、クリニックよりも支払額が少ない

    上記のようなメリットに魅力を感じる方が多いので、クリニックから通販サイトに乗り換える方が多い傾向にあります。

    通販サイトを利用すれば、プリリジーを「楽に」「安く」購入できます。
    長期的な服用を考えている方は、通販サイトでプリリジーを購入しましょう。

    デメリット

    通販サイトを利用するデメリットは、「医薬品副作用被害救済制度」を利用できないことです。
    医薬品副作用被害救済制度とは病院で処方された薬を服用して、副作用が出た時に※医療費を給付してもらえる制度です。

    ※副作用の治療にかかった費用や入院費

    プリリジーは国内で未承認のため、海外通販サイト(個人輸入)でしか入手できません。
    そのため上記の制度を利用できませんが、推奨量(30mg)を守って服用すれば治療が必要になる副作用はほぼ出ません。
    「深刻な副作用(特に失神)が出ることもある」と報告されていますが、出る確率は「0.06%~0.23%」と非常に低いです。

    デメリットは「ないに等しい」と言えるので、試しに通販サイトでプリリジーを購入してみてはいかがでしょうか。

    おすすめは通販サイト!

    「クリニック」と「海外通販サイト」について解説してきましたが、以下の理由から通販サイトがオススメです。
    ・プリリジーを安く購入できる
    ・自宅から気軽に購入できる
    ・誰にもバレる心配がない
    ・クリニックを利用するメリットが少ない

    通販で購入してもクリニックで購入しても、プリリジーの「効果」や「副作用が出るリスク」は変わりません。
    効果や副作用のリスクが変わらないなら、少しでも安く購入できた方がよいですよね。

    医師に相談しないと不安でプリリジーを服用できない方は、クリニックを利用しましょう。
    「少しでも安く購入したい方」や「クリニックに通院したくない方」は、通販サイトの利用をオススメします。