• TOP
  • ミノキシジルの特徴や飲み方は?通販だと1錠32円で買えるって本当?
  • ミノキシジルの特徴や飲み方は?通販だと1錠32円で買えるって本当?

    ノキシジルとは

    ノキシジルとは、AGA(男性型脱毛症)治療に使われる発毛剤の一つです。 血行の促進と毛母細胞の活性化によって、弱った髪の毛の回復と発毛作用を促します。 ロニテンという先発薬のジェネリック医薬品で、錠剤タイプの内服薬です。

    ノキシジルの効果

    ノキシジルには2つの働きがあります。
    ・血行を促進
    ・毛母細胞の活性化

    ■血行を促進
    ノキシジルには血管を拡げる効果があります。
    すると血行が良くなり、頭皮に栄養が行き届くようになります。

    栄養は髪の毛の成長に必要不可欠です。
    人と同じように髪の毛も栄養が不足すると十分に成長できなくなり、次第に痩せ衰えてしまいます。
    つまりノキシジルは血管を拡げることで、弱った髪の毛を回復させるのです。

    ■毛母細胞の活性化
    毛母細胞とは髪の毛を作り出す細胞です。
    髪の毛の生成を指示された毛母細胞は自ら分裂と増殖を繰り返すことで、髪の毛を作っていきます。
    ノキシジルはこの毛母細胞に指示を出す因子を増やすことで、発毛の一助になります。

    ノキシジルの特徴

    ノキシジルはロニテンを先発薬とするジェネリック医薬品です。
    ロニテンは元々、高血圧の治療などに使われた降圧剤です。
    その副作用として発毛効果が認められたため、のちにAGAの治療にも使われるようになりました。

    ノキシジルはミノキシジルを主成分としています。
    ミノキシジルの含まれる医薬品には外用薬(塗り薬)と内服薬(錠剤タイプ)の2種類があります。
    ノキシジルは内服薬に含まれます。

    ミノキシジルの内服薬は外用薬に比べて発毛効果が高い分、副作用のリスクも高まります。
    そのため日本では未だに承認されておらず、ドラッグストアや国内通販サイトでは購入できません。
    ノキシジルを手に入れるには海外から取り寄せる必要があります。

    ノキシジルの副作用

    試験調査によると、ノキシジルの副作用として以下の症例が報告されています。
    ・頭痛、めまい
    ・むくみ
    ・動悸、息切れ

    ■頭痛、めまい
    ノキシジルには血管を拡げることで頭皮に栄養を行き渡らせる効果があります。
    この血管拡張によって一気に血圧が下がり、頭痛やめまいを引き起こす原因となります。

    ■むくみ
    血管が拡がると血中濃度が薄くなります。
    すると身体は血中濃度を元に戻そうと、血液中の水分を排出します。
    この排出された水分が溜まることで、むくみとなることがあります。

    ■動悸、息切れ
    血管が拡張されると、それに伴い心臓の動きも激しくなります。
    すると運動後のような動悸、息切れを引き起こすことがあります。

    ノキシジルの飲み方

    基本的には1日1錠です。
    飲むタイミングはいつでも構いません。
    朝食後や寝る前など、都合の良い時に飲むようにしましょう。

    肝心なのは毎日欠かさず飲み続けることです。
    成分を体の中に一定に維持するために、飲み忘れないことが大切です。
    服用するタイミングを決めたら、必ずその時間に飲むよう習慣づけるのが良いでしょう。

    1日の服用上限は10mgとされていますが、体調や既往歴などによって適切な服用量は変わります。
    自分で判断するのは危険なので、事前に医師に相談するなどして服用量を決めましょう。

    ノキシジルの注意点

    ノキシジルを飲むうえで注意しなければならないのが、「併用禁忌」「併用注意」の確認です。
    併用禁忌とは「飲み合わせてはいけない薬」、併用注意とは「飲み合わせに注意が必要な薬」を指します。
    これらを破ると思わぬ副作用を招く恐れがあります。

    併用禁忌

    ノキシジルの併用禁忌とされている薬や成分は以下の通りです。
    ・降圧剤
    ・イブプロフェン(解熱剤・鎮痛剤に使われる成分)
    ・ED治療薬(バイアグラなど)

    上記はいずれも、血圧を下げる作用があります。
    ノキシジルにも同じ作用があるため、併用すると血圧が急激に下がる場合があります。
    その結果、頭痛やめまいなど副作用を引き起こす危険があるため、併用禁忌とされています。

    上に挙げたもの以外にも、血圧を下げる薬や成分はたくさんあります。
    間違って飲み合わせないよう、事前に作用を確認するか医師に判断を仰ぎましょう。

    併用注意

    現在のところ、併用注意とされている薬は報告されていません。
    ですがノキシジルは比較的副作用を起こしやすい薬なので、どの薬も注意するに越したことはありません。
    少しでも不安に思ったら医師に相談し、飲み合わせても大丈夫かどうか判断してもらいましょう。

    その他

    その他の注意点として、「初期脱毛」が挙げられます。
    初期脱毛とはノキシジルを服用してすぐの段階で、一時的に抜け毛が多くなる現象です。
    これは薬のせいで悪化しているわけではなく、むしろ正常に効果が表れている証拠です。

    ノキシジルの効果で頭皮に栄養が行き渡ると、髪の毛は弱った毛を押しのけて成長していきます。
    弱った毛は少しの刺激で抜け落ちるため、いわゆる生え変わりのように抜け毛が多くなるのです。

    繰り返しになりますが、この症状はあくまで一時的なものです。
    その内に抜け毛は減り、強くたくましい髪の毛が多くなりますのでご安心ください。

    ノキシジルの通販

    ノキシジルは日本の病院やドラッグストアでは手に入りません。 入手するには海外の通販サイトなどから個人輸入する必要があります。

    個人輸入は文字通り、個人が外国の製品を海外の通販会社やメーカーなどから直接購入することです。
    購入者自身が個人的に使うのが条件で、買った商品を第三者に譲ったり売却したりするには事前に許可が必要です。

    ノキシジル(5mg)の通販サイトでの販売価格は、1錠あたり約31円です。
    病院やクリニックで処方される内服薬は150円ほどなので、1/5程度の値段で手に入ります。

    リーズナブルな商品をいつどこからでも注文できることから、通販サイトは人気を博しています。
    しかし中には偽造品を売りつける悪質なサイトもあります。

    悪質なサイトには以下のような特徴があります。
    ・極端に値段が安い
    ・高評価のレビューしか掲載されていない
    ・連絡先が書かれていない など

    上記にあてはまるサイトはなるべく利用しないように気を付けましょう。