• TOP
  • プリリジーは確実に早漏が改善される?効果や特徴について詳しく解説
  • プリリジーは確実に早漏が改善される?効果や特徴について詳しく解説

    プリリジーとは

    プリリジーとは世界で初めて開発された早漏防止薬です。
    海外で行われた臨床試験の結果から、プリリジーを服用することで「射精するまでの時間」が確実に伸びます。

    この記事では効果や副作用など、プリリジーに関するすべての情報を網羅しています。
    早漏を改善して満足いくセックスがしたい方は、ぜひ参考にしてください。

    プリリジーの効果

    プリリジーには早漏防止効果があります。
    主成分であるダポキセチンが※1セロトニンの分泌を促し、※2ノルアドレナリンを抑制するからです。

    ※1 セロトニンが増えると「リラックス状態」になり、射精するまでの時間が長くなる
    ※2 ノルアドレナリンが増えると「興奮状態」になり、射精しやすくなる

    早漏の方は必ず「セロトニン < ノルアドレナリン」の状態になっています。
    プリリジーを服用することで、強制的に「セロトニン > ノルアドレナリン」の状態にするため、射精するまでの時間が長くなります。

    プリリジーは臨床試験を何度も行っており、服用することで「射精するまでの時間が伸びる」と明らかになっています。
    したがって早漏を改善するには、プリリジー(ダポキセチン)の服用が最適です。

    心因性の早漏に効果的

    プリリジーは「心因性早漏」に効果があります。
    心因性早漏とは過去の失敗や経験不足が原因で、過度の興奮状態に陥ってしまい射精しやすくなっている状態です。

    心因性早漏になってしまう方は、以下のように考えている傾向があります。
    ・セックスがうまくできるか不安
    ・射精が早すぎて笑われたらどうしよう
    ・次は射精しないようにする

    上記のような考えが強迫観念に変わってしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。

    ■心因性早漏の負のスパイラル
    1、セックス前になると不安やストレスを感じる
    2、不安やストレスを感じるとノルアドレナリンが分泌される
    3、ノルアドレナリンが原因で過度の興奮状態になる
    4、すぐに射精してしまう
    5、「次は射精しないように」と考えてしまう
    6、1に戻る

    「セックスに対してマイナスのイメージ」がある方は、心因性早漏の可能性が高いのでプリリジーを利用してみましょう。

    プリリジーの臨床試験

    プリリジーに早漏防止効果があることは、※1臨床試験の結果から明らかです。
    早漏(※2IELTが2分未満)の被験者に対し臨床試験が行われ、以下のようなデータが出ています。

    ※1 臨床試験:薬の安全性や有効性を確認するために行われる試験
    ※2 IELT:膣内に挿入してから射精するまでの時間

    ■IELTの中央値(プリリジー服用後)
    ・服用なし:1.05分
    ・30mg服用:1.72分(+0.67分)
    ・60mg服用:1.91分(+0.86分)

    中央値なので劇的に変わっていませんが、プリリジーを服用したグループはIELTが伸びています。
    また以下のデータからもわかるように、IELTが伸びているのはプリリジーを服用した被験者です。

    ■IELTが2分以上
    ・服用なし:23.2%
    ・30mg服用:44.4%
    ・60mg服用:47.9%

    ■IELTが3分以上
    ・服用なし:14.3%
    ・30mg服用:26.0%
    ・60mg服用:37.4%

    ■IELTが4分以上
    ・服用なし:10.4%
    ・30mg服用:18.4%
    ・60mg服用:27.6%

    ■IELTが5分以上
    ・服用なし:7.6%
    ・30mg服用:14.3%
    ・60mg服用:19.6%

    上記の結果からプリリジーには「早漏防止効果がある」と言えます。
    心因性早漏に悩んでいる方は、プリリジーを服用してみましょう。

    プリリジーの特徴

    プリリジーは世界で初めて開発された早漏防止薬です。
    海外だと60カ国以上で承認されており、臨床試験の結果から安全性と有効性が保証されています。
    国内では未承認ですが早漏に悩んでいる方が多いため、通販サイトでプリリジーを購入している方が多い傾向にあります。

    現在はプリリジーのジェネリックも多く販売されています。
    少しでも安く早漏防止薬を利用したい方は、ジェネリックの利用も検討してみましょう。

    プリリジーの副作用

    プリリジーの副作用を「軽度」と「重度」に分けて解説していきます。
    副作用が強く出やすい傾向にあるので、プリリジーの服用を考えている方はしっかりと理解しておきましょう。

    軽度な副作用

    プリリジーの「軽度の副作用」は、以下のようなものがあります。

    ■主に出る副作用
    ・めまい
    ・頭痛
    ・吐き気

    ■比較的出やすい副作用
    ・不眠症
    ・興奮状態(イライラする)
    ・耳なり
    ・かすみ目
    ・下痢、腹痛、便秘
    ・血圧の上昇
    ・消化不良
    ・口が渇く

    上記の副作用だと、特に「吐き気」と「下痢(腹痛がない)」が出やすい傾向にあります。
    性行為に影響が出る可能性もあるため、副作用が出たらムリせず横になって休みましょう。

    重篤な副作用

    プリリジーの「重篤な副作用」は、以下のようなものがあります。
    ・失神
    ・うつ病
    ・錯乱状態
    ・射精障害

    臨床試験の結果を見る限り、失神(※起立性低血圧が原因)の報告が多く上がっていました。
    一番多く報告されている失神ですが、出る確率は「0.06%~0.23%」です。
    したがって重篤な副作用は「ほぼ出ない」と言えますが、少なからず出る可能性はあるので頭の片隅に入れておきましょう。

    ※起立性低血圧とは
    座っている(横になっている)状態から立ち上がる時に起こる症状。
    急に立ち上がることで低血圧になってしまう。

    プリリジーの服用法

    プリリジーを服用する際は、以下3つを守るようにしましょう。
    1、1錠を丸ごと飲む(苦味を避けるため)
    2、コップ1杯(200cc)以上の水を飲む
    3、なるべく空腹時に服用する

    コップ1杯以上の水は、必ず飲むようにしましょう。
    失神する可能性は極めて低いですが、水をしっかり飲むことで「失神する可能性が下がる」と報告されています。

    プリリジーは食事の影響を受けませんが、効果を100%発揮させるため空腹時に服用しましょう。
    高脂肪食(揚げ物など)の後に服用すると、効果が多少下がるデータが公開されています。

    プリリジーの注意点

    プリリジーの注意点は3つあります。
    1、併用禁忌
    2、併用注意
    3、その他の注意点

    プリリジーと併用できない薬は数多くあるので、持病や持薬がある方は特に注意して読みましょう。

    併用禁忌

    併用禁忌とは「プリリジーと併用してはいけない薬」のことです。
    プリリジーの併用禁忌は、以下のようなものがあります。

    ・チオリダジン
    ・強力なCYP3A4阻害剤
    ・三環系抗うつ薬(TCA)
    ・モノアミンオキシダーゼ阻害剤(MAOI)
    ・選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)r ・セロトニン-ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRI)

    上記の薬を服用している方は、プリリジーを服用してはいけません。
    強い副作用が出たり、※相互作用が働くため非常に危険です。

    ※2つの薬が影響し合い、効果が弱くなったり強くなったりすること

    併用注意

    併用注意とは「プリリジーを服用する際に注意が必要な薬」のことです。
    プリリジーの併用注意は、以下のようなものがあります。
    ・強力なCYP2D6阻害剤
    ・中程度のCYP3A4阻害剤
    ・血管拡張作用のある医薬品(α受容体拮抗薬や硝酸塩など)

    上記の薬を服用している方は、プリリジーを服用する前に医療機関で診察を受けましょう。
    「服用量」や「薬の強さ」などによって、併用できない可能性があります。

    その他

    プリリジーを服用する際は、アルコールを飲んではいけません。
    アルコールを飲んでプリリジーを服用してしまうと、以下のような症状が出ることもあります。

    ・眠気
    ・めまい
    ・判断力の低下
    ・反射神経が鈍くなる

    性行為の前にお酒を飲む方は多いと思いますが、非常に危険な行為です。
    体質によっては失神する可能性もあるため、プリリジーを服用する日はお酒を控えるようにしましょう。

    プリリジージェネリック

    プリリジーのジェネリックは数多く販売されており、現在だと以下4種類が販売されています。r 1、ポゼット
    2、スーパーバイスマ
    3、スーパーレビスマ
    4、スーパーシアスマ

    早漏防止効果や安全性は同じなので、安く早漏防止薬を利用したい方はジェネリックを利用しましょう。

    ポゼット

    ■ポゼットの基本情報
    ・価格:1錠あたり135円~270円
    ・メーカー:サンライズレメディーズ社
    ・取扱サイト:お薬なび、ライフパートナー
    ・主成分:ダポキセチン(30mg、60mg、90mg)

    ポゼットはとにかく1錠あたりの価格が安いです。
    「プリリジー1錠の価格(2,000円~2,500円)」で、ポゼットを7錠~9錠分も購入できます。

    プリリジーと「効果」や「安全性」は変わらないため、ポゼットに乗り換える方が多い傾向にあります。

    スーパーバイスマ

    ■スーパーバイスマの基本情報
    ・価格:1錠あたり362円~500円
    ・メーカー:レクメズ社
    ・取扱サイト:お薬なび、ライフパートナー

    スーパーバイスマには、以下2種類の有効成分が含まれています。
    ・ダポキセチン60mg
    ・シルデナフィル100mg

    シルデナフィル(バイアグラの有効成分)には、硬い勃起をしやすい特徴があります。
    硬い勃起ができる上に射精するまでの時間が伸びるため、スーパーバイスマは人気があるジェネリックの一つです。

    スーパーレビスマ

    ■スーパーレビスマの基本情報
    ・価格:1錠あたり362円~500円
    ・メーカー:レクメズ社
    ・取扱サイト:お薬なび、ライフパートナー

    スーパーバイスマには、以下2種類の有効成分が含まれています。
    ・ダポキセチン60mg
    ・バルデナフィル20mg

    バルデナフィル(レビトラの有効成分)は、硬い勃起ができる上に即効性にも優れています。
    つまり3つの効果(硬い勃起+即効性+早漏防止)があるため、性行為を楽しみたいユーザーから人気があります。

    スーパーシアスマ

    ■スーパーシアスマの基本情報
    ・価格:1錠あたり362円~500円
    ・メーカー:レクメズ社
    ・取扱サイト:お薬なび、ライフパートナー
    ・主成分:ダポキセチン60mg、タダラフィル20mg

    スーパーシアスマには、以下2種類の有効成分が含まれています。
    ・ダポキセチン60mg
    ・タダラフィル20mg

    タダラフィル(シアリスの有効成分)には、副作用が出にくい特徴があります。
    「勃起の硬さ」より「副作用の出にくさ」を優先する方が多いので、スーパーシアスマはリピーターが非常に多いジェネリックです。